親鸞聖人が地面に差した杖が成長

善福寺のイチョウ

ぜんぷくじのいちょう

  • 状態:生存

  • 樹種:イチョウ

  • 樹齢:推定750年以上

  • 樹高:不明

  • 幹周り:10.4m

  • 保護・指定:国指定天然記念物

HISTORY

謂れ(いわれ)

親鸞聖人が地面に差した杖から成長したといわれるイチョウです。その伝説から「杖イチョウ」という別名があります。また、枝が下に伸びていることから「逆さイチョウ」とも呼ばれています。
東京大空襲で善福寺の本堂が全焼しましたが、イチョウは大きな被害を受けながらも奇跡的に回復しました。

画像提供:萩原哲平様
取材協力:萩原哲平様

ACCESS

アクセス

都営地下鉄大江戸線・東京メトロ南北線「麻布十番駅」から徒歩約5分。