2023.09.01

特集

9月1日は防災の日。知っておきたい【名木と防災】

銘木総研 編集部
銘木総研 編集部

9月1日は防災の日。この日は関東大震災が発生した日であるとともに、暦の上では二百十日の台風シーズンを迎える時期にあたり、1959(昭和34)年9月26日の「伊勢湾台風」で戦後最大の被害を受けたことを教訓とし、地震や風水害等に対する心構え等を育成するため創設されました。

目次

楠霊(なんれい)神社のクスノキ/兵庫県

追剝、洪水、空襲から不思議な力で人々を護った
名前の通り、楠を御神木とする兵庫県尼崎市の神社にそびえる名木です。
楠霊神社は阪神電車武庫川駅から徒歩1分のところにある、小ぶりで手入れの行き届いた瀟洒な趣の神社で、人々の憩いの場となっていますが、こぢんまりとした鳥居に比して、立派な楠が一際目を惹きます。
その昔、この地に度々追剥が出没していたので、それを防ぐための結界として楠が祀られた、という伝承があります。
また、武庫川が洪水した際には、この楠に登って難をのがれたという話や、空襲時には、生い茂っている葉が爆弾を退けたという話も残っており、その不思議な力で、長きに渡り地元の人々を護ってきました。
現在も、この楠から落ちた葉は、厄除けの縁起物として地元の人に知られているそうです。

名木伝承データベース / 基本情報

  • 名称:楠霊神社のクスノキ

  • 樹種:クスノキ

  • 状態:生存

  • 樹齢:推定300年以上

  • 樹高:20m

  • 幹周り:5.8m

  • 保護・指定:尼崎市保護樹木

  • 所在地:兵庫県尼崎市武庫川町4-2

詳しくはこちら

四郷神明神社のムクノキ/岐阜県

水害時、人々の命を救う「命塚」。助命壇のムクの木
このムクの木は、神明神社の境内にあり、人々の命を守る助命壇の目印としての役割があります。
助命壇とは洪水の時に住民が避難した場所で、別名「命塚」と呼ばれ、高台になっている場所のことです。 かつて助命壇には大きな木が植えられるのが一般的となっていて、この名木もその内の1つです。
以前、境内には杉やイチョウの大木も茂っていましたが、現在大木といえるのは、このムクの木のみとなりました。
「水害が起こればムクの木に集合」、「神明神社に行けば助かる」、という思いは、輪之内町の人々にとって、心の支えになっていたのでしょう。
水害が少なくなって、目印としての役目がなくなるのは良いことなのでしょうが、これからも町の守り神として、人々を見守っていてほしいですね。

名木伝承データベース / 基本情報

  • 名称:神明神社の椋

  • 樹種:ムク

  • 状態:生存

  • 樹齢:推定500年以上

  • 樹高:15m

  • 幹周り:5m

  • 保護・指定:輪之内町指定天然記念物

  • 所在地:岐阜県安八郡輪之内町四郷

詳しくはこちら

浄福寺のクロガネモチ/京都府

天狗が団扇で火災を消火
京都府の浄福寺の境内にあるこの木は、地域の人々から災難除けの信仰を受けており、そば近くのお堂には「護法大権現」として天狗が祀られています。
その昔、1788(天明8)年に京都で大火事があった際には、鞍馬の天狗がこの木に降り立ち、団扇であおいで大火災の火を消したという伝説があります。
この木は推定樹齢300年と言われており、江戸時代から大きく育ちました。 義経の頃に有名だった鞍馬の天狗の伝説は、江戸時代にもしっかりと残っており、今も脈々と受け継がれているようです。

名木伝承データベース / 基本情報

  • 名称:浄福寺のクロガネモチ

  • 樹種:クロガネモチ

  • 状態:生存

  • 樹齢:不明

  • 樹高:9m

  • 幹周り:3.95m

  • 保護・指定:無

  • 所在地:京都府京都市上京区浄福寺通一条上る笹屋町2

詳しくはこちら

中川の箒杉(ほうきすぎ)/神奈川県

集落を土砂崩れから救う
かつてこの地域は、「宝木沢」と呼ばれ、この木の名の由来も、その集落名が関連しているとも、樹形が箒に似ているからとも言われています。
この関東屈指の巨大な一本杉・箒杉は、明治と昭和の2回、付近を襲った災害から住民を救っています。1904(明治37)年の大火を阻み、1972(昭和47)年におこった丹沢集中豪雨でも、箒杉の上部で発生した土砂崩れをくい止めました。
これらの出来事から、集落の住民からは厚く慕われており、箒杉の根元には集落の守り神として「須賀神社」の祠が祀られています

名木伝承データベース / 基本情報

  • 名称:箒スギ

  • 樹種:スギ

  • 状態:生存

  • 樹齢:推定2000年以上

  • 樹高:45m

  • 幹周り:12m

  • 保護・指定:国指定天然記念物

  • 所在地:神奈川県足柄上郡山北町中川

詳しくはこちら

TAG

この記事を書いた人

銘木総研 編集部
銘木総研 編集部

地域の人々によって大切に守られ語り継がれてきた「名木と伝承」にフォーカス。伝承とともに人々の生き方に寄り添ってきた名木が持つ史実やいわれを調査研究し、伝統文化・歴史の継承、名木の利活用につながるご提案とその実践を行っています。

前の記事

「身近なところに名木ストーリーを」銘木総研株式会社 代表取締役 前井宏之

2023.08.25

木とヒト

「身近なところに名木ストーリーを」銘木総研株式会社 代表取締役 前井宏之

次の記事

2023.09.15

木とヒト

【だんじり・社寺 彫刻】岸和田木彫会・木彫片山 片山晃さん

【だんじり・社寺 彫刻】岸和田木彫会・木彫片山 片山晃さん
LATEST POST

最新記事

【第3回 名木フォトコンテスト】11/1は名木伝承の日 #名木に会ってきた #わたしの推し名木 開催!

2023.11.01

木のコト
【第3回 名木フォトコンテスト】11/1は名木伝承の日 #名木に会ってきた #わたしの推し名木 開催!
杉案内人・高桑進先生の「杉スギる話」~日本のスギはすごスギる?①

2023.12.01

木のコト
杉案内人・高桑進先生の「杉スギる話」~日本のスギはすごスギる?①
日本植木協会【365+1本の誕生日の樹】

2023.11.28

特集
日本植木協会【365+1本の誕生日の樹】
妖怪木々怪々「カブキレワラシ」~マダの木(菩提樹)に棲む座敷童

2023.11.17

特集
妖怪木々怪々「カブキレワラシ」~マダの木(菩提樹)に棲む座敷童
【木工アーティスト】木のおもちゃ arumitoy/多胡歩未さん

2023.11.14

木とヒト
【木工アーティスト】木のおもちゃ arumitoy/多胡歩未さん
痔が治る!?楠宮稲荷社の御神木 ~アカエイが宿るという不思議な伝承~

2023.11.13

木のコト
痔が治る!?楠宮稲荷社の御神木 ~アカエイが宿るという不思議な伝承~
環境省 きんき環境館~パートナーシップによる持続可能な地域づくりに貢献

2023.11.10

木のコト
環境省 きんき環境館~パートナーシップによる持続可能な地域づくりに貢献
CATEGORY

カテゴリー

POPULAR TAG

人気タグ