『名木の物語る伝承に学び、
心ゆたかで幸せな社会をつくりたい。』

伝承とともに日本人の生き方に寄り添ってきた名木。
その1本1本の木が持つ史実やいわれを調査研究し、
伝統文化・歴史の継承、名木の利活用につながる
情報発信やイベントの企画運営、まちおこしコンサルティング、
商品企画・開発等を行ってまいります。

調査・研究事業

日本各地の名木を調査し、
そのいわれを深掘りすることで
「特別な木」としてフォーカスし、
地域の歴史や文化の価値を創造します。

 

イメージ写真

 

日本各地の木の中には名木(めいぼく)と呼ばれ、由緒ある“いわれ”を持つものがたくさんあります。そして、その名木は地域のシンボルとして人々の心のよりどころとなっています。

しかし、現在の日本では、人口減少や高齢化が進み、地域の人たちの関係性が薄くなり、文化の伝承が難しくなっています。その結果、名木の“いわれ”も忘れ去られつつあります。

また、名木が枯れたり倒れると、その名木にまつわる歴史や文化は、人々から忘れられてしまいます。

そして、多くの木は「単なる木」として扱われ、その寿命を迎えます。

そこで私たちは、日本各地の名木を調査し、その“いわれ”と関連する歴史や文化の深掘りします。そして、その名木を中心とした地域の歴史や文化の価値を高めていきます。

 

こんなことをやってます!

日本各地にある名木の調査

いろいろなリストから、日本各地の“いわれ”のある名木の所在地、種類、樹齢、文化財指定の有無などを調査します。

イメージ写真

データベース化

名木の“いわれ”を調査してキーワードをつけてデータベース化します。

イメージ写真

イベント事業

商品やイベントの
企画・運営で地域を活性化し、
名木を後世に伝えます。

 

イメージ写真

 

近年、日本古来の文化の良さが見直され、衣・食・住をはじめ日本の原風景を思わせるものが注目を浴びて人気となっています。

「世界の巨樹・古木 歴史と伝説」(著書/ジュリアン・ハイト)で紹介されている“世界各国の100の巨樹や古木”では、桜、松、楠、杉など、日本の樹木が合計8本も紹介されています。日本で大切にされてきた樹木は世界的に関心が高いことがわかります。

私たちは、地域のイベントに参加して、魅力ある日本の名木に関する展示・企画をおこない、商品を企画することで地域の活性化につなげ、後世に残る存在となるよう取り組んでいます。

 

こんなことをやってます!

イベントの開催

自治体、業界団体、お寺、神社などが開催するイベントに参加し、ブース・商品展示などをしています。
例えば、倒木した頼朝杉をつかって彫像した「源頼朝公像」のお披露目イベントや、当社発行の『こだまっこ別冊 名木と伝承』を介して名木情報をお届けするイベントを開催したりしています。

イメージ写真

名木やその伝承を活かした商品の企画

由緒ある名木で作った商品は、一つひとつ表情が異なり、奥深いものがあり、唯一無二となるため非常に人気があります。木に宿る先人の想いや歴史を伝える商品を企画しています。

イメージ写真

名木の情報発信事業

SNSや書籍、広報誌を通じて
名木の情報発信を行います。

イメージ写真

私たちは、名木に関する歴史や文化・周辺情報を含む調査研究結果を様々な形で発信します。より多くの方に名木の存在とその伝承を知っていただくことで特別な木を増やし、木と共生する心ゆたかな社会を目指します。

こんなことをやってます!

書籍の発行

こだまっこ別冊「名木と伝承」を発行しています。日本各地の名木とそのいわれ、伝承の研究結果を詳細にを紹介するほか、木と関わりが深い方のインタビュー等を掲載しています。

イメージ写真

広報誌の発行

名木探訪や知れば知るほど面白い木の情報、木のモノがたりなど、様々な角度から木に関連する情報をお届けしています。

イメージ写真

SNSによる情報発信

Twitter、Instagram、Facebook、YouTubeで、各地の素敵な名木写真と動画・伝承を発信しています。

イメージ写真